ごあいさつ

Chairman greeting |会長挨拶

会長 峰崎 直樹
会長 峰崎 直樹

北海道商工連盟が結成されたのが1974年9月、早くも半世紀近くが経とうとしています。この間、多くの会員企業の皆様方と相互扶助の精神に基づき、会員相互の親睦と交流を中心に微力ながら活動を展開してまいりましたが、残念ながらここ数年、会員企業数は減少傾向をたどってまいりました。

しかし、今年に入って新規加入企業の拡大が図られつつあることから、新たな北海道商工連盟づくりに向けてあらめて皆様方の声を結集し、新しい視点に立って努力していく必要があると考えます。

北海道経済は、かつて石炭や農業・林業・水産業といった原材料の宝庫として栄えたものの、相次ぐ炭鉱の閉山や日本経済の産業構造大転換による第二次産業の衰退とともにそのウエイトが低下し、また最近では観光業の盛り上がりなど第三次産業の発展の芽が出始めていましたが、今回のコロナ危機によって一気に落ち込んでいる状況となり、われわれは、今一度北海道における中小企業の在り方を追求し、今後は会員企業の仲間の皆様方から頼りがいのある組織へと脱皮していく必要があると考えています。

何よりも、今の時代は情報通信革命の時代と言われ、優れた情報をいかに早くかつ的確につかんで商機に生かせるのかが極めて重要になっています。そのためにも、北海道商工連盟に加盟していることの優位性を感じていただけますよう、仲間の皆様方との情報交換や先進事例情報の提供など、これまで以上に的確な情報を問題提起できるよう全力を挙げていく所存であります。

ポストコロナの時代は、AIを駆使したイノベーションが世の中を動かしていくことは間違いありません。われわれ北海道商工連盟は優れた人材・企業を育成していくべく、調査研究・研修活動に力を入れるとともに、会員企業とのネットワークを充実させていく必要があります。特に、新しい分野や地域へと仲間を広げながら、全国の中小企業運動との連携を密にしていくことの必要性は言うまでもありません。

さらに、政治と経済は密接不可分の関係にあります。北海道商工連盟に所属する国会議員や道議会議員、さらには市町村議会議員などとの連携はもちろん、知事や市町村長などとの意見交換などを通じて我々の要求を実現させていくことも重要な課題であります。

どうぞ、これからも北海道商工連盟の組織強化・発展に向けて、多くの会員企業の皆様方のご協力を切望し、ごあいさつに代えさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

2020年6月

北海道商工連盟
会長 峰崎 直樹

 
 

お問合わせ

北海道商工連盟
北海道商工連盟協同組合
青年経営者協会

〒060-0012 札幌市中央区北12条西18丁目1-19 北海道鉄道会館4F
TEL:011-616-1531/FAX:011-616-1537